顔輪郭改善ガイド

エラ削り手術の全貌:術前から術後の腫れまでの一週間を症例で紹介

美しく洗練されたフェイスラインを求める方々にとって、エラ削り手術は一つの選択肢となるでしょう。エラ削りは、その名の通り、顔の輪郭を整えるための手術で、を削ることで理想的なラインを作り出します。特に顔の正面から見た時や横顔から見た時の印象に大きな影響を与えるため、注目を集めています。

手術の全貌を理解するために、今回はエラ削りについて、術前から術後の腫れまでの一週間を症例を通じて紹介します。

まず、エラ削り手術はどのように行われるのでしょうか。この手術は、エラ部分の骨を削り、整形することで顔の輪郭の改善を行います。施術は一般的に美容外科医師により行われ、局所麻酔や全身麻酔のもと行われます。切り開く部分により、内側切開や外側切開の方法があります。外側切開の場合、頬骨部分から切開し、エラを削ることになります。一方、内側切開の場合、口の中からエラ部分を削るため、外から見た時に手術痕が目立たないメリットがあります。

術後の期間は、患者さん一人ひとりの体質や施術内容により異なりますが、一週間が一つの目安となります。手術直後から数日間は腫れや内出血が見られることが多く、特に2~3日後には腫れが最も大きくなることが一般的です。ただし、これらは医療的な問題ではなく、手術後の自然な反応と理解してください。

術後の腫れが引くとともに、理想的なフェイスラインが現れてきます。術後1週間程度で大部分の腫れが引き、その後徐々に落ち着いてきます。この期間中、食事については硬いものを避け、柔らかいものを選ぶことが推奨されます。また、頭を高く保つことで、腫れが引くのを早めることができます。

もちろん、手術にはリスクも伴います。エラ削り手術の場合、削る部分によっては感覚異常や嚙み合わせの変化など、一部のリスクが存在します。そのため、手術を受ける前には、十分な情報収集と医師との相談が必要です。施術の結果は、手術を行う医師やクリニック、その他の要因によって異なりますが、術前の相談や写真を見ながら理想的なラインについて話し合うことが大切です。

さて、ここまで術前から術後までの一週間のエラ削り手術の全貌について症例を通じて紹介しました。この手術は、美容医療の一部として多くの方々に利用され、その効果を実感しています。そのためには、自分の体質や理想のフェイスライン、手術のリスクといった要素を総合的に考え、適切な手術を選ぶことが重要です。エラ削り手術を通して、自分だけの理想的なフェイスラインを手に入れてください。

(c) 顔輪郭改善ガイド